ボクモバニュース

試合日程

試合結果

動画ニュース

ランキング

選手名鑑
[試合後談話]2019.4.14

緒方汐音が東洋太平洋女子タイトルにアタック

緒方汐音が東洋太平洋女子タイトルにアタック

    WBAアジアとWBOアジアパシフィック・ライトフライ級王者で東洋太平洋女子ライトフライ級1位の緒方汐音(寝屋川石田)が14日、京都市内で開催された「TO THE FUTURE.25」で同級4位のチャリマエ・サルバドール(比)と東洋太平洋女子ライトフライ級王座決定戦に臨んだ。

アジア3冠王者となった緒方
    試合は、緒方の速攻が功を奏し一方的に打ちまくり勝利をつかんだ。開始からプレスをかけた緒方は、サルバドールにジャブを当て、先制に成功した。サルバドールも踏み込んで右を狙ったが、単発に終わる。すると5ラウンド、一気にラッシュを仕掛けた緒方がレフェリーストップを呼び込み自身3本目のベルを腰に巻いた。
石田会長のように世界王者になる
    試合後緒方は、「緊張は相変わらずしましたけど、最初からいけたのは良かったと思います。相手はパンチもありましたし、しぶとかったですが、勝ててよかったです。試合内容に納得はしていませんが、石田会長のように世界王者になりたいと思います。また世界に向けて頑張ります」と先を見据えた。
不満顔のサルバドール
    一方、サルバドールは「ストップは納得いかない。緒方はスピードがあったが、私のパンチも当たっていた」とレフェリーストップに不満顔で会場を後にした。
ボクモバトップページへ戻る