ボクモバニュース

試合日程

試合結果

動画ニュース

ランキング

選手名鑑
[海外試合結果]2018.9.9

ガルシアvsポーター NY決戦!

ガルシアvsポーター NY決戦!

 前王者キース・サーマン(米国)に敗れた者同士、元世界王者対決となったWBC(世界ボクシング評議会)ウェルター級王座決定戦。同級1位のダニー・ガルシア(米国)vs同級2位のショーン・ポーター(米国)の一戦が、8日(日本時間9日)米国・ニューヨーク州ブルックリンのバークレイズセンターで行われた。
小差でポーターが王座返り咲き
 試合は序盤、ガルシアが前に出てポーターがリングを動き回る展開となった。7回には偶然のバッティングで、両者に数秒の休憩時間が設けられると、ここからポーターがいつものボクシングを見せはじめる。荒々しいスイングでどんどん攻め込んでいくと、ガルシアも得意の左フックを合わせた。後半はスタミナで勝るポーターが攻勢に出て、最終回にはガルシアも応戦。判定は小差の3-0(116-112、115-113×2)でポーターが新王者となった。
楽しみなウェルター級世界戦線
 王座返り咲きのポーターが加わったウェルター級は、他団体世界王者たちも豪華な顔ぶれ。相変わらず同階級に複数王者が存在するWBA(世界ボクシング協会)は、スーパー王者に復帰が待たれるキース・サーマン(米国)。正規王者にアジアの英雄マニー・パッキャオ(フィリピン)。IBF(国際ボクシング連合)王者には無敗の新鋭エロール・スペンスJr(米国)。そして現在、同階級No.1と評価されるWBO(世界ボクシング機構)王者のテレンス・クロフォード(米国)。新旧、さらに今が旬の王者たちがこの階級に名前を連ねることになった。また、本日英国で復帰第2戦目を飾った元世界王者のアミール・カーン(英国)などのスター選手もおり、今後のウェルター級戦線はさらに熱くなりそうだ。
ボクモバトップページへ戻る