ボクモバニュース

試合日程

試合結果

動画ニュース

ランキング

選手名鑑
[公開練習]2017.5.17

メリンドは八重樫対策に没頭

メリンドは八重樫対策に没頭

 21日(日)の東京・有明コロシアムでIBF(国際ボクシング連盟)ライトフライ級王者の八重樫東(34=大橋)と拳を交えるIBF同級暫定王者のミラン・メリンド(29=比)が17日、横浜市内のジムで練習を公開した。今回が初来日となるメリンドは「八重樫は3階級制覇しているチャンピオンで尊敬している。打たれ強い強靭なボクサーで自分にとってキャリア最大の試合になるだろう」と静かな口調で話した。
10人兄弟の末っ子
 アマチュアキャリア600戦、国内タイトルを獲得した経験もあるというメリンドは「自分のストロングポイントは賢く動けること。7人のパートナーと100ラウンドを超えるスパーリングをしてきたのでスタミナは問題ない。メンタル、タフネスも八重樫より勝っている」と自信を見せた。
ファンが喜ぶ試合を見せたい
 練習では、入念にストレッチをした後に2ラウンドのシャドーボクシングを披露。左右ともにキレ味鋭いパンチを見せた。特に飛び込んできた時に合わせる左フックには注意が必要そうだ。
ウェイトは残り2.5s
 ミット打ちでは接近戦でのコンビネーション、ポジショニングの確認を徹底して行っていたメリンド。練習は1時間しっかりこなし、減量着を着こんでいたためか大粒の汗をかいていたのが印象的だった。
バタバタさせたいと松本トレーナー
 練習を偵察した八重樫を担当する松本好二トレーナーは「返しのパンチが日本人にはいないタイプ。3〜4ラウンドまでは厄介だと思う」と警戒心を強めたが「危険は伴うが、八重樫のパンチが先に当たる可能性もある。練習してきたことが上手くハマれば。もし、ハマらなかった時は彼のバイタリティーに期待したい。早いラウンドで良い方法に導きたい」とコメントした。
ボクモバトップページへ戻る