ボクモバニュース

試合日程

試合結果

動画ニュース

ランキング

選手名鑑
[ニュース]2016.4.28

内山高志の去就は…

内山高志の去就は…

 日本中のボクシングファンが衝撃を受けた昨夜のWBAトリプル世界戦。スーパーフェザー級スーパー王者の内山高志(36)は、暫定王者のサウスポー、ジェスレル・コラレス(パナマ)に2回2分59秒KO負けを喫し、防衛記録が11でストップした。28日、所属先のワタナベジムでは内山不在のなかで同門のスーパーフライ級王者・河野公平(35)、ライトフライ級王者・田口良一(29)の一夜明け会見が開かれた。
自宅近くで今朝の内山
 内山は今朝、テレビ東京を通じ「今日のところは勘弁してください。一夜明け、より悔しさが込み上げてきました。今後のことはきちんと決め、改めてお話します。河野、田口、防衛おめでとう」とコメントを発表した。
本人の意思を100%尊重する
 試合後の会場の溜息や記者たちの沈痛な面持ちを見て、改めて内山は偉大なボクサーなんだと感じたと言う渡辺均会長は、敗因について「今回はスタッフに任せてしまったが、打ち合いに行ってはいけないと試合前に私がアドバイスをするべきだった。内山はまったく手を抜いていなかったが、私を含めスタッフに驕り、慢心があった。ずべての責任は私にある」と謝罪。その上で、内山の去就については「100%本人しだい。続行するなら全力でサポートするし、内山の好きなように決めてもらいたい」と本人の意思を尊重すると話した。また、仮に現役続行の場合は、オプションを行使しコラレスとの再戦はあると明かした。内山の選択に注目が集まる。
ボクモバトップページへ戻る