ボクモバニュース

試合日程

試合結果

動画ニュース

ランキング

選手名鑑
[オッズ]2015.12.23

3対2で井岡有利

3対2で井岡有利

 29日と31日に日本では7試合もの世界戦が行われるが、そのうちの5試合に関して、オンラインカジノのひとつoddschecker.comがオッズを出している。
 まだブックメーカーが基本的な数字を提示したばかりと思われるが、29日の井上尚弥(大橋)対ワルリト・パレナス(比)のWBO世界スーパーフライ級戦は100対1で井上、当日のセミで組まれているIBF世界ライトフライ級タイトルマッチは、王者のハビエル・メンドサ(メキシコ)が5対2で八重樫東(大橋)をリードしている。八重樫の勝利には約2倍の配当がついている。
 また、大晦日に大阪で行われる井岡一翔(井岡)対ファン・カルロス・レベコ(亜)のWBA世界フライ級タイトルマッチは、3対2で井岡有利と出ている。同じ日に名古屋で開催されるWBO世界ミニマム級タイトルマッチは、王者の田中恒成(畑中)が41対1でビック・サルダール(比)を引き離している。さらに同じ大晦日に東京で行われる内山高志(ワタナベ)のV11戦は、100対1で内山が挑戦者のオリバー・フローレス(ニカラグア)を試合前から数字で圧倒している。ちなみに100対1は事実上の賭け不成立を意味している。
ボクモバトップページへ戻る