ボクモバニュース

試合日程

試合結果

動画ニュース

ランキング

選手名鑑
[世界戦発表]2014.12.1

大晦日、リゴンドー参戦決定‼

大晦日、リゴンドー参戦決定‼

 大晦日!WBA・WBO世界スーパーバンタム級統一王者、ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)が東洋太平洋フェザー級チャンピオンの天笠尚(山上)の挑戦を受けることが1日、都内で開かれた会見で明らかになった。場所は、大阪市内のボディメーカーコロシアム。放送はTBS。
試合ができて光栄
 「えー、リゴンドーと出来るの?目をつむって殴った方が当たるかも。下の階級の選手とスパーリングをして、速いスピードになれたい。あれだけスピードがあるんだから、パンチもあるんだろうなあ」11月の中旬、天笠のもとにリゴンドーに挑戦という話が舞い込んで来た。彼の脳裏に浮かんだ言葉を拾うとこうなる。
 「あんまり勧めなかったが、本人がやるというので、内田トレーナーとも話し合ってやろうや、ということになった。天笠はパンチもあるし、強い運を持っている。良い試合が出来るように」と語ったのは山上哲也会長。
 「作戦というものは立てている。隙がない選手。精密機械みたいな選手。油断して来てくれるのがチャンス。今週末からスパーリングしていく。パンチの軌道がわからないのが、天笠の特徴」とは内田トレーナー。
高野も登場する大晦日
 「強い選手と試合がしたい」と訴え続けてきた天笠に、これ以上のチャンスは巡ってこないだろう。オリンピック連覇した経験を持つWBO・WBA世界スーパーバンタム級チャンピオンへの挑戦。アマチュアボクシング界最高峰のキューバ代表。そのキューバボクシング史上、最高傑作といわれるギジェルモ・リゴンドーは、スピードとテクニック、パンチのキレ、全てにおいて世界トップクラスを誇る、軽量級トップ戦線を牽引するひとりだ。
大晦日、大阪。
 米国マイアミで調整中のリゴンドーは「天笠、日本へ倒しに行くぞ。覚悟しておけ」とビデオメッセージを送った。また、この試合のプロモーターを務める協栄ジムの金平桂一郎会長は「自分の持っている技術を日本の皆さんにお目見えしたい。自分に挑戦してくれる天笠選手の勇気に感謝したい」という強気のメッセージを預かってきたと語った。これには天笠も笑顔を浮かべ 「99パーセント勝てないと思うけど、油断してくれたら1パーセントのチャンスが出来ると思う。リゴンドーとやるのは世界チャンピオンになるより難しいと思うので、試合が出来るのが嬉しい。世界最強を味わって見たい。一発かまします」と返した。
王者、リゴンドー
 「正真正銘、リゴンドーは世界チャンピオンの中でも最強ですが、自分が倒して勝ちます。まずはスーパーバンタム級のコンディションを作ることが大事だと思ってます」と熱い想いを打ち明けた天笠は「穴がないチャンピオン。まともにやったら勝てる相手ではない。相打ち覚悟。不安もあるけど、最強のチャンピオンと試合ができるので光栄です。減量は心配してない。アピール出来る試合は出来ない。一生懸命やって勝つだけ。当て感がいいのでそれを活かしたい」と、大晦日の決戦に向けて準備に入った。
 試合の一週間前にフェザー級まで体重を落として、それから1.8キロ落とす予定という天笠は、大きなチャレンジを前に笑顔がこぼれた。天笠のチャレンジャー魂に注目したい。
ボクモバトップページへ戻る