試合日程

試合結果

選手名鑑

王者一覧

全国ジム紹介
インタビュー
[特集]井上尚弥vsノニト・ドネア
2019.10.30


衝撃の証言者! リングの中の井上尚弥

 試合やトレーニングを通じて井上尚弥(大橋)のスゴさを一番間近で体感したモンスターの証人の話を紹介しよう。
 まず最初にモンスターの名付け親でもある大橋秀行会長。会長が尚弥のスゴさを見たのはーー。
 そして、井上尚弥のプロ初戦と3戦目のレフェリーを務めた中村勝彦レフェリー。モンスターとスパーリングで拳を交えた東洋太平洋チャンピオンの勅使河原弘晶(輪島功一S)と三代大訓(ワタナベ)。ラストは普段、尚弥のミット打ちの相手をしている太田光亮トレーナー。





■大橋秀行会長

小学生3年生の時に初めて見たが、当時からずば抜けていた。中学生になって、相手を倒した試合を見たが当時は担架なんてなかったからレフェリーが倒れた子どもをおんぶして運んでいた。

全部の能力がすごいんだけど、なんといってもハートが強い。強くなっても謙虚だし、練習熱心。それに試合に向かう時に悲壮感がなく、楽しそうにやっているのを見ると改めてすごいなと思う。






デビュー戦の時に「怪物」と名付けたのだが、海外でもわかるように「モンスター」に変えた。今は何階級制覇とかでなく、誰と戦って勝つかが重要な時代。これからも、より強い相手と戦っていって「メガモンスター」になるんじゃないかな。




>>>



ボクモバトップページへ戻る