ボクシングモバイルニュース

試合日程

試合結果

動画ニュース

ランキング

選手検索
[世界戦前日計量]2024.7.6

いよいよ決戦! 井岡一翔vsFマルティネス!

 WBA(世界ボクシング協会)・IBF(国際ボクシング連盟)世界スーパーフライ級王座統一戦の前日計量と記者会見が6日、品川プリンスホテルで行われ、王者の井岡一翔(35=志成)とIBF王者のフェルナンド・マルティネス(32=アルゼンチン)が対峙した。

 井岡は52.0kg、マルティネスは52.1kgでクリアした。計量後には、25秒間のフェイスオフで気持ちを高めた。肩を揺らしながらテンションを上げるマルティスに対し、井岡はジッと対抗王者の目を見つめて、その場から動かなかった。

 スーパーフライ級注目の一戦は、明日(7日)、両国国技館で開催される「Life Time Boxing Fights 22」で行われ、ABEMAで無料ライブ配信される。

井岡一翔(志成)52.0kg
 明日が27回目となる世界戦のリングに上がる井岡は、ガッチリと引き締まった肉体美を披露し、仕上がりの良さを感じさせた。「毎回、過去一番素晴らしいコンディションを作ることだけを考えてやっていますし、サポートもしていただいている。その中で手応えを感じているし、過去最高と言っていいほどのコンディション。戦う準備はできている」と静かに語った。
「日本人の強さを見せる」
 2011年2月にWBC世界ミニマム級王座を獲得してから、常に世界のトップで戦ってきた井岡だが、「これまで世界戦の経験を積めたのは、ボクシング人生において大きな財産。もちろん、その財産を活かすが、過去の経験よりこれからの挑戦の方が大事だと思っている」と大一番を制して、これからも高みを目指す決意を示した。

 明日の意気込みを聞かれた井岡は「日本人の強さ、闘志を見せたい。必ず王座を統一する」と言葉に力を込めた。
前WBA世界Sライト級王者:ロランド・ロメロ(米)
 井岡を応援するため、前WBA世界スーパーライト級王者のロランド・ロメロ(28=米)が初来日を果たした。ともにイスマエル・サラストレーナーに指導を受けている縁で実現したもので、「ラスベガスで一緒の時間を過ごした関係で来てくれた」(井岡)
「歴史的な試合になる」
 アルゼンチンサポーターがボカ・ジュニアーズ(アルゼンチンの人気サッカーチーム)の応援歌で盛り上げる中、マルティネスは「アルゼンチンを代表するメッシ選手(リオネル・メッシ=アルゼンチンの国民的サッカー選手)の名誉を象徴するために着てきた」とメッシのTシャツにサングラス、鉢巻きと派手な格好で登場した。

 計量をクリアすると、ニコッと笑みを浮かべたIBF王者は、「大変きつい練習をしてきた。計量をパスしてチームに感謝している。明日は2人のチャンピオンが良い試合をする。明日は戦争になる」と、発表会見から何度も口にしてきた"戦争"というワードをこの日も使った。

 最後に明日の意気込みを聞かれたマルティネスは、「国と国をお互いに背負って戦う歴史的な試合になる。神様の手に勝利を委ねたい。夢を現実にする」と力を込めた。
両国国技館でゴング!
 計量後には両陣営でルールミーティングが行われ、WBAで採用されているスリーノックダウン制はなし。IBFで実施されている当日計量は行われないことが確認された。井岡対マルティネス戦は、午後8時に開始予定。

■検診結果
WBA・IBF世界Sフライ級王座統一戦
WBA王者:井岡一翔(志成)
血圧:107/80mm/Hg
脈拍:104/min
体温:36.0℃

IBF王者:フェルナンド・マルティネス(アルゼンチン)
血圧:132/85mm/Hg
脈拍:77/min
体温:36.3℃

試合日程

試合結果

トーナメント

ランキング

選手検索

TV・ネット欄

王者一覧

タイトル戦

階級別特集

インタビュー

有料試合動画

データマニア

待受写真

全国ジム検索

注目選手

海外試合日程

海外試合結果

海外選手検索

海外注目戦

海外情報

基礎知識

ボクモバ投票

勝ちメシ

レッスン

ボクモバ占い
ボクモバトップページへ戻る