ボクモバニュース

試合日程

試合結果

動画ニュース

ランキング

選手名鑑
[前日計量]2022.7.29

亀田和毅がフェザー級でも必勝宣言!

亀田和毅がフェザー級でも必勝宣言!

 元世界2階級制覇王者の亀田和毅(31 =TRY BOX)が29日、神戸市内のホテルで前日計量に臨んだ。

 亀田は、明日(30日)に神戸市立中央体育館で開催される「REAL SPIRITSvol.80」のメインイベント、フェザー級10回戦で元WBCラテンアメリカ・スーパーバンタム級王者のウィリアム・ エンカナーシオン(34=ドミニカ共和国)と対戦する。

 試合の模様は、U-NEXTでライブ配信(16:00配信開始予定)される。

「中盤に倒す」
 先に秤に乗った亀田は、フェザー級リミットちょうどの57.1kgでクリア。計量後に長男の望有君(2歳)と戯れて笑顔を見せた。

 「暑かったので体力面を考えて、徐々に体重を落とすのではなく、いつもより多めに水抜きをした」と直前に2.5s落とした。顔色も良く、仕上がりの良さを感じさせた。

 「中南米の選手は、当日に大きくなってくる。手足も長いので、初回は様子を見る」とロンドン五輪代表のエンカナーシオンを警戒。その上で、「練習通りに出せば圧倒できる。中盤くらいに倒したい」とKO宣言した。
初のフェザー級での試合
 明日が42戦目のリングに上がる亀田だが、フェザー級での試合は初めてだ。「自分にとって(フェザー級での試合は)挑戦。ここを勝てば、フェザー級でのビッグマッチも視野に入れていきたい」と意気込んだ。WBA世界スーパーバンタム王座挑戦権を持つ亀田だが、選択肢を増やしていくつもりだ。

フェザー級も視野に入れていく

 アマチュア時代からのライバルで、プロでも2019年7月に対戦したレイ・バルガス(31=メキシコ)が、7月10日に米国でWBC世界フェザー級王者に輝いた。「やはり気になる存在」と話すと、「場所はどこでもいいので、戦いたいですね。メキシコでやるのもいいですね」と、リベンジのチャンスを狙っている。

レイ・バルガスは気になる

 しかし、まずは目の前の試合に集中している。「良い試合をして勝たないことには、次につながらない。しっかりと仕留める」と勝利を約束した。
「和毅を一撃で倒す」
 拳を交えるエンカナーシオンは、300gアンダーの56.8sでパスした。囲み取材に応じたエンカナーシオンは「和毅が良い選手なのは知っている。しっかりとトレーニングを積んできた。良い試合を約束する」と静かに闘志を燃やした。

 右ストレートに自信があるというエンカナーシオンは「和毅を一撃で倒す」と、不敵な笑みを浮かべて会場を後にした。
神戸市立中央体育館でゴング!
ボクモバトップページへ戻る