ボクモバニュース

試合日程

試合結果

動画ニュース

ランキング

選手名鑑
[年間表彰式]2020.2.7

2019年間MVPはやっぱり!

2019年間MVPはやっぱり!

  2019年度年間優秀選手表彰式が7日、都内のホテルで開催された。東京オリンピック2020を迎える今年は、プロとアマチュアのトップ選手達が一堂に会した。

 男子プロ選手を代表して挨拶したWBA世界ミドル級チャンピオン村田諒太(34=帝拳)は、「普通の世界チャンピオンでは許されない時代。気を引き締めていく」とさらなる高みを目指すことを誓うと、オリンピックを目指す選手達へは「東京で開催されるので、プロ以上に注目される」とエールを贈った。

 2年連続3度目の最優秀選手賞に選ばれたWBAスーパー・IBFバンタム級統一世界チャンピオン井上尚弥(26=大橋)は、体調不良で欠席したが「2年続けてこのような素晴らしい賞を頂き光栄です。2019年は僕自身凄く充実した年になりました。それも日頃お世話になっている、大橋会長はじめ大橋ジムの方々、ボクシング関係者、支えてくれる家族、そして声援を送ってくださるファンの皆さんのおかげです。本日は体調不良で欠席になってしまい非常に残念ですが、昨日までのグアム合宿では走り込みもしっかり出来ましたし、来たる4月25日の統一戦に向けてこの先も準備していきます!」とコメントを寄せた。

世界が期待される中谷
 新鋭賞を受賞したのは前日本フライ級王者でWBA世界同級1位の中谷潤人(22=M.T)。中谷は「周りから『新鋭賞を獲れるのではないか』と言われていたので自信があった。今年は早い時期に世界戦をやりたい」と世界に最も近いと言われているホープは王座奪取を誓った。
2年連続女子MVPの天海
 2年連続で女子プロ最優秀選手賞を受賞したWBO女子世界ライトフライ級王者の天海ツナミ(35=山木)は、華やかな着物姿で登壇すると「ボクシング界への恩返しと人気底上げに貢献していく」と誓った。

 この日、表彰式に出席出来なかった井岡一翔(30=Reason大貴)は「本日は欠席になりまして大変申し訳ございません。また、このような賞を頂きましてありがとうございました。この賞に恥じぬように今年も自分らしいボクシングをしていきます。今後とも宜しくお願い致します」とコメントを寄せた。
東京五輪でメダルが期待される岡澤
 アマチュアを代表したのは、最優秀選手賞を受賞した岡澤セオン(鹿児島県体育協会)。ロンドン五輪2012で金メダルを獲得した村田を引き合いに「アジア人には不利とされる重量級でも、金メダルを獲れないわけではないことを村田さんが証明した」と力強い言葉で金メダリストからのエールに応えた。女子アマの最優秀選手賞は2年連続で並木月海(自衛隊体育学校)が受賞した。

 今年は例年以上にプロとアマの両方にスポットが当たる年になるよう、選手達の活躍に期待しよう。
左:別府と右:矢田は年間最高試合を受賞(世界戦以外)
■各賞受賞者は以下の通り。

■最優秀選手賞(MVP)
WBAスーパー・IBF世界バンタム級王者
井上尚弥(26=大橋)2年連続3回目

■技能賞
WBO世界スーパーフライ級王者
井岡一翔(30=Reason大貴)初

■殊勲賞
WBA世界ミドル級王者
村田諒太(34=帝拳)初

■努力・敢闘賞
前日本ウェルター級王者
永野祐樹(30=帝拳)初

■KO賞
村田諒太(34=帝拳)初

■新鋭賞
前日本フライ級王者
中谷潤人(22=M.T)初

■JBCサポーターズ賞
井上尚弥(26=大橋)

■年間最高試合(世界戦)
WBA・IBF世界バンタム級王座統一戦
11/7 さいたまスーパーアリーナ
井上尚弥(大橋)vsノニト・ドネア(米/比)
※大橋プロモーション

■年間最高試合(世界戦以外)
WBOアジアパシフィック・ウェルター級王座決定戦
12/8 エディオンアリーナ大阪第2競技場
矢田良太(グリーンツダ)vs別府優樹(久留米櫛間&別府優樹)
※グリーンツダプロモ―ション
特別賞を受賞した故三迫仁志会長(代理で貴志会長が受け取った)
■女子年間最優秀選手賞
WBO女子世界ライトフライ級王者
天海ツナミ(35=山木)2年連続2回目

■女子年間最高試合
WBA女子世界フライ級タイトルマッチ
7/12 後楽園ホール
藤岡奈穂子(竹原&畑山)vs天海ツナミ(山木)
※一力プロモーション

■優秀選手賞
■井岡一翔(30=Reason大貴)
(WBO世界スーパーフライ級王者)
■井上尚弥(26=大橋)
(WBAスーパー・IBF世界バンタム級王者)
■岩佐亮佑(30=セレス)
(IBF世界スーパーバンタム級暫定王者)
■京口紘人(26=ワタナベ)
(WBA世界ライトフライ級スーパー王者)
■田中恒成(24=畑中)
(前WBO世界フライ級王者)
■寺地拳四朗(28=BMB)
(WBC世界ライトフライ級王者)
■村田諒太(34=帝拳)
(WBA世界ミドル級王者)

■特別賞
■河野公平氏
(元WBA世界スーパーフライ級王者)
■田口良一氏
(元WBA・IBF世界ライトフライ級王者)
■福原辰弥氏
(元WBO世界ミニマム級王者)
■故三迫仁志
(元日本プロボクシング協会協会長)

■トレーナー賞
加藤健太(三迫ジム)

■日本ボクシング連盟
■最優秀選手賞
岡澤セオン(鹿児島県体育協会)初
■女子最優秀選手賞
並木月海(自衛隊体育学校)2年連続2回目
ボクモバトップページへ戻る