ボクモバニュース

試合日程

試合結果

動画ニュース

ランキング

選手名鑑
[国民体育大会]2019.10.7

奈良が令和元年度を制す

奈良が令和元年度を制す

 茨城県城里町にある水戸桜ノ牧高校常北校では、今月3日から7日にかけて「天皇陛下御即位記念」でもある第74回国民体育大会のボクシング競技が行われ、奈良県が男女総合優勝として天皇杯を獲得。女子では静岡県が皇后杯を獲得した。

【天皇杯・上位】
1位 奈良県  55.5点
2位 広島県  54.5点
3位 千葉県  47.5点

【皇后杯・上位】
1位 静岡県  18.0点
2位 福井県  17.0点
3位 埼玉県  15.5点
3位 広島県  15.5点
表彰式での少年・成年の奈良県監督
 奈良県の優勝は3年ぶり。昨年の流行語大賞に「奈良判定」がノミネートされ、自分たちが採点で優遇された身であるとバッシングされた悔しさを「政権が代わった令和元年度にぶつけたかった」と、同県の選手たちはSNSなどで熱心にコメントしていた。各級優勝者は次のとおり。

【成年女子フライ級】
河野沙捺(静岡・渡辺溶接所)

【少年男子ピン級】
荒竹一真(鹿児島・鹿屋工業高校)

【少年男子ライトフライ級】
高見亨介(東京・目黒日大高校)

【少年男子フライ級】
梶原嵐(広島・崇徳高校)

【少年男子バンタム級】
宇塚大輔(東京・駿台学園高校)

【少年男子ライト級】
堤麗斗(千葉・習志野高校)

【少年男子ライトウェルター級】
高橋麗斗(千葉・沼南高校)

【少年男子ウェルター級】
黒田丈二朗(広島・崇徳高校)

【少年男子ミドル級】
松野晃汰(宮崎・日章学園高校)

【成年男子ライトフライ級】
松本流星(東京・日本大学)

【成年男子フライ級】
馬場龍成(奈良・自体校)

【成年男子バンタム級】
小川寛樹(千葉・日本大学)

【成年男子ライト級】
木村蓮太朗(静岡・東洋大学)

【成年男子ライトウェルター級】
今永虎雅(奈良・東洋大学)

【成年男子ウェルター級】
鈴木康弘(北海道・K&Kクラブ)

【成年男子ミドル級】
荒本一成(奈良・日本大学)

【成年男子ライトヘビー級】
鬼倉龍大(茨城・茨城県連盟)
ボクモバトップページへ戻る