ボクモバニュース

試合日程

試合結果

動画ニュース

ランキング

選手名鑑
[ニュース]2009.9.25

内藤VS興毅、遂に決定!

内藤VS興毅、遂に決定!

 かねてより対戦の合意がなされ、あとは開催日時の正式決定が待たれる状況にあったWBC世界フライ級王者・内藤大助(宮田)VSWBC世界同級3位・挑戦者・亀田興毅(亀田)の一戦。
 24日、都内(株)タカラトミー本社で行われた発表会見で遂に顔を合わせた内藤・亀田の両雄は、11月29日(日)さいたまスーパーアリーナで開催が決定した世紀の一戦に向け、意気込みを語った。
拡大写真
 タイトルマッチに向け、興毅がいよいよ亀田節を爆発。内藤に先制パンチを浴びせる展開となった。
 まず代表質問が行なわれ、世紀の一戦に向け両者が意気込みを語った。内藤は「ファンあってのプロスポーツ。お客さんが喜んでくれると思う。お客さんを喜ばせるという点では(興毅戦決定は)良かった。一生懸命頑張ります」といつもの小声口調で語ると、これに対し興毅が「この試合、ようやく世界戦が決まった。長い事待っていた。キッチリベルトを獲るだけ。(内藤に対し)しかしハキハキ喋らんと。王者なんだからシャキッせんと。ありふれたマニュアル通りのコメント。俺は嫌われてるから言いたいことを言う」と、第一声から早くも会見を盛り上げた。
拡大写真
 続いて“互いの印象”について内藤は「ボクシングに対して真面目。色んな経験をし強いと思う。プロ意識が高い」と興毅を高評価。一方の興起は「5回防衛しているし弱い選手じゃない。俺の目標は3階級制覇。負ける相手じゃないし内容にこだわり、勝つ!!」と早くも勝利宣言が飛び出した。
 さらに試合の展開について内藤は「お互い気持ちの入った殴り合いになる。大毅の仇打ちの意味もあるだろうが、絶対勝つという気持ちでは興毅以上。良い試合をしたい」と語ると興毅は「(内藤は)この試合負けたら終わるだろう。だけど俺に弱点は無い。チャンピオンは弱点ばかり。年齢、スタミナ、パンチも無いしスピードも無い。俺の負ける要素は無い。完勝しないとアキマセン。どんだけ強いか見せてくれ」と王者・内藤を挑発し続けた。
拡大写真
 最後にボクシングファンに向け内藤は「とにかく良い試合。観ている人が面白い試合をし、盛り上げる事を心掛ける。そして勝つのは僕。絶対勝つ。でも僕は石橋を渡る慎重な性格。念には念を入れます」とし、興毅は「辰吉VS薬師寺を越える試合をしたい。ビックマッチのリングに上がれるのは光栄。感謝している。後々に残る試合をしたい。だからこそビックマウスを言わないと面白く無い。だからこそ言いたい事を言う。それじゃあ久し振りに予告KO!!3R!!3Rで(内藤を)仕留めます。政権交代と言うより王者交代」と予告KO・王座交代を宣言。さらに「真面目に1Rから挑戦者らしくガンガン行きますわ!!」と会見を締めくくった。
 興毅が喋りで内藤から先手を奪った記者会見ではあったが、果たして11月29日、さいたまスーパーアリーナで真の勝利を奪うのは…。

■WBC世界フライ級タイトルマッチ12回戦
王者・内藤大助(宮田)VS挑戦者・亀田興毅(亀田)
■日時:11月29日(日)
■会場:さいたまスーパーアリーナ
■お問合せ:タイトルマッチ事務局TEL.03-6416-0059(平日11時〜17時迄)
ボクモバトップページへ戻る