ボクモバニュース

試合日程

試合結果

動画ニュース

ランキング

選手名鑑
[ニュース]2009.3.31

東日本新人王開幕!!

東日本新人王開幕!!

 明日の王者を夢見て、多くのボクサーがエントリーする“東日本新人王トーナメント”。今年で66回目を数える東日本新人王トーナメントが30日、その戦いの火蓋が切って落とされた。果たして今年は、どんなドラマがリングの上で生まれ、幾多の血と汗と涙が流されるのであろうか。
 2009年度東日本新人王トーナメントには208名のボクサーがエントリーし、世界王者の登龍門であるこのリングで熱く激しい戦いを繰り広げる。
 ここ数年、東日本新人王で優勝者を輩出している新田ジム・ドリームジム・ワールドスポーツジムは、今年の新人王でもエントリーし、優勝戦線に食い込むのか注目を集めている。
 また全12階級の中で、スーパーフライ級28名、スーパーバンタム級26名、フェザー級25名、スーパーフェザー級29名と、この4階級が25名を越える最激戦区となっている。
 当サイトの注目ボクサーとして、フライ級ではサウスポーで基本に忠実なボクシングを見せる時松友二(熊谷コサカ)、30日の開幕戦で2RKO勝利を飾り3戦3勝3KOをマークしたスーパーバンタム級の播磨真輝(新日本木村)、スーパーフェザー級で3戦3勝2KOをマークする江藤三兄弟三男の江藤伸悟(白井具志堅)、スーパーライト級ではアマチュア60戦40勝プロ1戦1勝1KOの下田知宏(大橋)、そして輪島2世、ウエルター級で2戦2勝2KOの輪島大千(輪島S)の5人の選手。彼等が東日本新人王トーナメントの台風の目となりそうだ。
 そして注目カードとして、4月13日に行われるフライ級1回戦・江藤光喜(白井具志堅)VS渡辺健一(ドリーム)の一戦。共に負けなしであり、この一戦の勝者がフライ級の優勝候補に躍り出るかもしれない。
 208名のボクサーがエントーリーし、30日に開幕した“東日本新人王トーナメント”。果たして栄冠をその手に掴むのは…。
ボクモバトップページへ戻る