ボクモバニュース

試合日程

試合結果

動画ニュース

ランキング

選手名鑑
[試合決定]2021.3.27

中嶋一輝と千葉開が東洋王座をかけて激突!

中嶋一輝と千葉開が東洋王座をかけて激突!

東洋太平洋バンタム級王座決定戦

 大橋ボクシングジムは27日、OPBF東洋太平洋バンタム級4位の中嶋一輝(27)と同級12位の千葉開(28=横浜光)によるOPBF東洋太平洋バンタム級王座決定戦を発表した。
 今年の1月に新王者に就いた井上拓真(25=大橋)が次戦に向けてタイトルを返上し、王座が空位となったために行われる。
 試合は、5月13日(木)に後楽園ホールで開催される「フェニックスバトル.77」のセミファイナルで行われる。メインイベントは、OPBF東洋太平洋フェザー級王者の清水聡(35=大橋)とWBOアジアパシフィック同級王者の森武蔵(21=薬師寺)による王座統一戦。

タイトル初挑戦の中嶋一輝(大橋)
 タイトル初挑戦の中嶋は、サウスポースタイルから打ち込まれる強烈な右フックを武器に相手をキャンバスに沈めてきてここまで10戦9勝(8KO)1分と高いKO率を誇る。昨年1月にGOD'S LEFTバンタム級トーナメントを優勝すると9月の試合でも3回TKO勝ちを飾った。大橋ジム期待の中嶋がいよいよベルト獲りに王手をかける!
千葉開(横浜光)
 拳を交える千葉もタイトル初挑戦だ。千葉は、2018年1月に初黒星を喫したがその後は6連勝と好調をキープ。3月に行われたボクモバインタビューで「タイトルを狙える位置にいるのでベルトに絡んでいきたい」と王座挑戦に意欲を示していた。
 元OPBF東洋太平洋フライ級王者で横浜光ジムのトレーナーを務めているロッキー・フエンテス氏とフィジカルトレーニングに取り組み体力面での強化を図っている。
ボクモバトップページへ戻る