ボクモバニュース

試合日程

試合結果

動画ニュース

ランキング

選手名鑑
[月間賞]2019.4.11

古豪と若手の新王者が初防衛戦をアピール

古豪と若手の新王者が初防衛戦をアピール

 東日本ボクシング協会選考の2月度月間賞の表彰式が11日、後楽園ホールで開催された「ダイヤモンドグローブ」のメインイベント前に行われ、月間賞選考委員会の片渕剛太新委員長よりMVPの堀川謙一(39=三迫)と敢闘賞の中谷潤人(21=M.T)に賞状と記念品が贈られた。

更なる進化を見せるアラフォー
 堀川は、2月14日に行われた日本ライトフライ級王座決定戦で同級2位の戸高達(レパード玉熊)を8回終了TKOで下し、約4年ぶりに同王座への返り咲きに成功。現役最多55戦のキャリアを誇る大ベテランは初のMVP受賞を喜ぶと、5月19日に神戸で予定される初防衛戦をクリアし、チャンピオンとしてホールに戻ってくると約束した。
中谷は全勝記録を18(13KO)に更新
 また、2月2日に望月直樹(横浜光)と空位の日本フライ級王座を争い、9回TKO勝ちで初の戴冠をはたした無敗のホープ中谷は、2度目の敢闘賞選出に感謝し、6月1日の初防衛戦に向け「次はMVPをもらえるよう熱い試合をする」と抱負を語った。
ボクモバトップページへ戻る