ボクモバニュース

試合日程

試合結果

動画ニュース

ランキング

選手名鑑
[前日計量]2019.2.13

55戦目の古豪とタイトル初挑戦の新鋭が激突

55戦目の古豪とタイトル初挑戦の新鋭が激突

 チャンピオンカーニバル日本ライトフライ級王座決定戦の前日計量が13日、都内の日本ボクシングコミッション本部事務局で行われ、ベルトを争う同級1位の堀川謙一(38=三迫)と同級2位の戸高達(29=レパード玉熊)が計量に臨んだ。試合は明日の14日に後楽園ホールで開催される「ダイヤモンドグローブ」のセミファイナルで行われる。
明日は大一番
 最初に秤に乗った堀川は100gアンダーの48.8キロでパスした。日本、東洋太平洋、地域タイトル合計11度目のタイトル戦となる堀川は、「この王座を獲るために今のジムで練習してきた。プレッシャーはかかるが、このジムで(ベルトを)獲らないと意味がない」と王座奪還に静かに闘志を燃やした。
3年2ヶ月ぶりの返り咲きなるか?
 国内現役最多の55戦目を迎えるベテランは、「相手の対策はほとんど加藤さん(加藤健太トレーナー)が練ってきた。しっかり実行して必ず勝ちます」と必勝を誓った。
4連勝中の戸高
 一方、リミットちょうどの48.9kgで計量を終えた戸高は、「堀川さんは自分がボクシングを始めた頃から活躍していた選手。明日は積極的に攻めて練習してきたことを出すだけ」と気を吐いた。
レパード玉熊ジム2人目の王者を目指す
 週に8回食べるほどカレーが大好物だという戸高は、「お腹の調子を考えながら」と前置きした上で、「夜はサラッとした南インドカレーを食べたいと思います」とコメント。カレーパワーで一気に頂点を狙う。
ボクモバトップページへ戻る