ボクモバニュース
[ニュース]2017.12.8

元東洋太平洋女子王者の竹中佳が引退

元東洋太平洋女子王者の竹中佳が引退

   元東洋太平洋女子ライトフライ級チャンピオンの竹中佳(高砂)が8日、日本ボクシングコミッションに引退届けを提出した。竹中は2014年4月、神戸中央体育館でヨッカオ・ローエイシティジム(タイ)と東洋太平洋女子ライトフライ級王座決定戦で4ラウンドTKO勝利をつかみ初タイトルを奪取、その後、2016年8月、ルイサ・ホルトン(豪)と念願のWBO世界女子ライトフライ級王座決定戦を戦うも、判定負けを喫しリングを離れていた。
ボクモバトップページへ戻る