ボクモバニュース

試合日程

試合結果

動画ニュース

ランキング

選手名鑑
[記者会見]2017.12.6

田中恒成がフライ級に転級!超激アツ

田中恒成がフライ級に転級!超激アツ

 WBO(世界ボクシング機構)ライトフライ級チャンピオンの田中恒成(畑中)が6日、名古屋市内で会見を開き、王座を返上したことを正式に発表した。海外のボクシング情報サイトが先日、このニュースの第一報を流したが、田中本人は「まず最初に自分の口から伝えたかった。特に田口選手には、お互いに(対戦の実現に向けて)本気になっていたので、期待させて申し訳ない」と自身の怪我が理由で、両日本人世界チャンピオンによる王座統一戦が幻となったことを悔やんだ。この日の会見に先立って、田中は昨日、東京に出向いていた。大晦日に予定されているIBF(国際ボクシング連盟)チャンピオンとの王座統一戦に向けて調整中の田口に直接会って謝罪するためだ。

※田口良一(ワタナベ)
WBA世界ライトフライ級チャンピオン
大晦日にIBF(国際ボクシング連盟)チャンピオンと王座統一戦
 
幻となった統一戦日本人対決
 「来年の大晦日までこの階級を続けるのは無理」田中の減量苦は今に始まった話ではない。田中は今後、フライ級で3階級制覇を目指す考えだ。陣営の動きも素早い。WBO(世界ボクシング機構)に対して、畑中清詞会長は「来年の春に挑戦者決定戦をしたいということは既に話しています」と明かした。
ゾウ・シミン(中国)に勝った木村翔(青木)
 現在、WBO世界フライ級は、オリピック2連覇のゾウ・シミン(中国)をKOで下した木村翔(青木)が王座に就ているが、田口と同じ大晦日に大田区総合体育館で元WBC世界チャンピオン五十嵐俊幸(帝拳)の挑戦を受ける。
井岡一翔は王座返上
 フライ級といえば先日、世界3階級制覇チャンピオン井岡一翔(井岡)のWBA(世界ボクシング協会)王座を返上したことを父でプロモーターの井岡一法会長が単独会見の席で発表したばかりだ。
比嘉大吾は沖縄凱旋試合か?
 WBC(世界ボクシング評議会)世界王者の比嘉大吾(白井・具志堅)の動向も気になる。地元では沖縄凱旋試合の期待が高まっているのも事実。次戦もKOで勝てば、同郷の大先輩チャンピオン浜田剛史氏の連続KO日本記録と並ぶプロ15戦目はどこで行われるのか。KO率100%のパーフェクトボーイにも注目だ。
大晦日のフライ級は木村翔vs五十嵐俊幸
 大晦日のWBO世界フライ級タイトルマッチをゴングに、この階級の世界戦線がどう動くのかー。東京、名古屋、大阪、沖縄出身の実力者達が拳を交える可能性も十分あり得る。田中恒成が参戦したことで超ド激アツ階級に様変わりしたフライ級から目が離せない!
ボクモバトップページへ戻る