ボクモバニュース
[インタビュー]2017.12.8

藤原芽子3児の母ベルトを目指す

藤原芽子3児の母ベルトを目指す

    日本女子フェザー級2位の藤原芽子(真正)にチャンスが訪れた。12月17日(日)、石川県産業展示館2号館において、同級1位の神成麻美(カシミ)と初代日本女王の称号をかけてフェザー級6回戦に臨むことが決まったのだ。3年前、フィットネス感覚で始めたボクシングだったが、その魅力にはまった藤原は一念発起しプロの道へ進んだ。3児の母でもある藤原だが、仕事と子育て、そしてボクシングと邁進してきた。「子供が一番のモチベーション」と、目を輝かせベルトを目指す。「いつも通りのボクシングをすることが大事」と、敵地での挑戦にも動じることはない。最終調整に入ったジムで話を聞いた。
ボクモバトップページへ戻る