ボクモバニュース
[世界戦発表会見]2017.10.13

福原辰弥がタイで世界再挑戦!

福原辰弥がタイで世界再挑戦!

 前WBO世界ミニマム級王者の福原辰弥(本田F)が13日、熊本市内で会見を開き、WBC同級世界王者で48戦全勝(18KO)中のワンヒン・ミナヨーティン(タイ)に挑戦することを発表した。試合は11月25日(金)、チャンピオンのホーム、タイのナコーンラチャシーマの野外会場で行われる。
48戦全勝中のワンヒンに挑戦!
 会見の席で福原は「芦北での試合に負けて考えることもあったが、芦北町長や後援会の方々、本田会長のおかげで大きなチャンスをもらえた。試合のダメージもなく、不完全燃焼な部分が残っていたが、ファイター型の相手とは噛み合うと思う。しっかり練習をしていけばKOも狙える」と意気込みを語った。

 前回の試合から3ヶ月で世界再挑戦のリングを迎える福原は「挨拶回りで激励の言葉を受けている内に話しが来た。チャンスだと思って決めました。前回負けて、またチャンスをもらえるというのは地方ジムでは異例。こんなチャンスはないので、その後のことは考えずこの試合に全力でぶつかりたい」は世界王座返り咲きを誓った。
熊本に世界のベルトを持ち帰る!
 大一番をアウェイで迎えることとなったが「判定になると厳しいと思うのでしっかりと倒したい。食事、特に水などは気を付けてます。相手の印象はファイターで好戦的、やりやすいと思う。屋外での試合は警戒している」としつつも「日本人がタイで世界奪取できていないのは逆にモチベーションになる。相手に黒星をつけて帰りたいと思います。熊本にもまた世界のベルトを持ってきたい。心残りの内容に全部出しきります」と静かな闘志を燃やした。
本田憲哉会長
 会見に同席した本田フィットネスジムの本田憲哉会長は「前回のままじゃ終われないなと思った。次へと向けて動いている内にチャンスが来ました。また、しっかり福原にも頑張らせます」と挨拶した。
ボクモバトップページへ戻る