ボクモバニュース
[ニュース]2017.6.19

狂気のカムバック 衝撃の実話が映画化

狂気のカムバック 衝撃の実話が映画化

 生死をさまよう交通事故からカムバックした伝説のボクサー、世界2階級制覇王者ビニー・パジェンサの実話をもとに作られた映画「ビニー/信じる男」が7月21日(金)よりTOHOシネマズシャンテほかで全国公開される。
 首の骨を折り、瀕死状態となり歩くことすら出来なくなったビニー。しかし「復活を遂げるか、途中で死ぬかだ」と自分に言い聞かせ、4.5キロもある固定医療器具を頭部に装着しトレーニングを開始。世界のスポーツ史上類をみない超人的なカムバックを目指すことになる。
「とても良く完成されていて素晴らしいね。涙が止まらなかった。頑張って良い映画を作ってくれたということが、最高なことだと思う。役者たちもよかったよ」(ビニー)
 本作はアカデミー賞監督の巨匠マーティン・スコセッシが製作総指揮、「マネー・ゲーム」のベン・ヤンガーが脚本・監督、さらに「アメリカン・ビューティー」「世界にひとつのプレイブック」のブルース・コーエンがプロデューサーを務め映画化。伝説のボクサー、ビニー・パジェンサ役は、アカデミー賞候補となった「セッション」のマイルズ・テラーが徹底した役作りで熱演、マイク・タイソンを世界チャンプに押し上げた伝説のトレーナー、ケビン・ルーニー役のアーロン・エッカート「ハドソン川の奇跡」と最強のタッグを組んだ。
ボクモバトップページへ戻る