ボクモバニュース
[前日計量]2017.5.20

5/21(日)は沖縄で東洋太平洋王座決定戦

5/21(日)は沖縄で東洋太平洋王座決定戦

東洋太平洋ライトフライ級王座決定戦

 OPBF東洋太平洋ライトフライ級王座決定戦の前日計量と調印式が20日、那覇市の県立博物館・美術館で行われ、OPBFライトフライ級3位の荻堂盛太(平仲BS)とOPBF同級2位のエドワード・ヘノ(比)が顔を合わせた。グローブチェックでは荻堂が赤、ヘノが青の両者日本製のウィニングそれぞれ選んだ。
 決戦は明日、5月21日(日)西原町・琉球大学第1体育館にて第1試合は14時試合開始。
ベルト奪取へ
 前回のWBCユース・ライトフライ級王座決定戦に引き続き、OPBF東洋太平洋ライトフライ級のタイトル挑戦となる荻堂は「今回はスパーリングもしっかりこなして来た。コーチも代わり、世界チャンピオンレベルの練習で前回からパワーアップしました。」充実した準備期間を振り返った。
荻堂盛太(平仲)
 対戦相手ヘノの印象を「いい顔してるな、イケメンですね」と会場の笑いを誘ったが「パンチを振り回して来る印象。そこをしっかり対応したい」と分析。「前回のあの悔しさはもう味わいたくない。明日は大きなチャンスなので、最後まで諦めず必ず勝ちます」と力強い決意で表情を引き締めた。
荻堂盛太(平仲)のグローブは赤
 対戦相手のヘノは「この試合に向けてしっかり3ヶ月前からトレーニングし、スパーリングも100R以上こなして来た。ベルトをしっかり掴み取って帰りたい。」と試合への決意を口にした。
ヘノのグローブは青
 計量は両者とも48.9Kgのリミットで1発クリア。計量後、山本美憂選手直伝のココナッツウォーターで喉を潤した荻堂は「最後まで諦めず、1Rから獲る気持ちで行きます」と闘志を燃やした。なお、明日の試合ではリング上でのグロービングが行われる。
ココナッツウォーター
■検診結果
■荻堂盛太(平仲BS)
体重:48.9Kg
血圧:117/76mm/Hg
脈拍:71/min
体温:36℃

■エドワード・ヘノ(比)
体重:48.9Kg
血圧:141/78mm/Hg
脈拍:44/min
体温:35.8℃
ボクモバトップページへ戻る