ボクモバニュース

試合日程

試合結果

動画ニュース

ランキング

選手名鑑
[和氣慎吾 公開練習]2016.6.28

1ラウンド目がカギ!

1ラウンド目がカギ!

 7月20日(水)のエディオンアリーナ大阪(大阪府立体育館)でIBF世界スーパーバンタム級王座決定戦に出場する1位・和氣慎吾(28=古口)が28日、都内の協栄ジムで練習を公開した。
OPBFランカーをいなし続けた
 21戦全勝(21KO)の同級2位ジョナタン・グズマン(26=ドミニカ共和国※試合当日は27)と王座を争う和氣は現在、フィリピンから東洋太平洋スーパーフライ級6位ジョナス・スルタン(25)と12戦10勝(9KO)2敗のジェオ・サンチシマ(20)の二人を呼び寄せ、グズマン対策に余念がない。この日はスルタンとの2ラウンドと短いスパーリングだったが、抜群のスピードと距離感で相手に付け入る隙を与えず。攻撃面でも臨機応変な動きから得意の左を上下に打ち込むなど、試合まで1ヶ月を切り好調さをアピールした。
パートナーのスルタンも絶賛
 ここまで30ラウンドと予定する半分のスパーリングを消化したサウスポーの和氣は、疲れが抜けスピードが上がってきたと手応えを感じていた。30日まで和氣のパートナーを務めるスルタンも、「和氣は日に日にスピードが上がり、自分のパンチが当たらなくなってきた。前に出たくても左のカウンターが怖くて迂闊に飛び込めない。これはグズマンも同じはず」と絶賛。勝者は和氣になると予想した。
和氣はおだてれば天まで上る
 相手はパーフェクトレコードを持つ強豪だが、古口哲会長は「ビデオを見た限りガツガツと来る選手じゃないので、先手で当てれば出てこられないはず。サウスポーも苦手じゃないのかな」と分析。「カギは初回の入り方。ポイントを取るボクシングなら和氣の方が上。お互いに世界戦は初めてだが、和氣は舞台が大きいほど気持ちが乗ってくる。おだてれば天まで昇る」と期待した。
練習後はリーゼントをチェック
 これに和氣も「僕は相手が強いほど潜在能力が発揮できる。東洋太平洋を取ったときもいっしょ。スピードと距離を生かしてしっかりとポイントを取りたい。もちろんチャンスがあれば倒しにいく」と自信を示した。
地元・岡山からは大応援団が駆けつける
 思い描いてきた舞台まであと3週間。「一日一日を悔いなく過ごしたい」とする和氣は、「いざとなると緊張もするが、不安やワクワクなど色んな思いを感じながら世界のリングに上がりたい」と闘志を高めた。
ボクモバトップページへ戻る